So-net無料ブログ作成
検索選択

2013.5.29 柿田川湧水・泉の館(高野邸) [観光]

          ※ 前回の続きです。

ヴァンジ彫刻庭園美術館を後にして、今回のピアニシモの旅の第二目的地、柿田川湧水へ。
先ず泉の館(高野邸)で柿田川の名水でたてたお抹茶を頂きます。
この高野邸は製紙会社の社長の邸宅として昭和12年に福井の木材を使って
福井の大工さんにより建てられました。
泉の館(1).jpg

P1090914.JPG

P1090912.JPG           P1090913.JPG

この後は各自で柿田川公園内の散策です。

柿田川は長良川、四万十川と共に日本三大清流の一つですが、
全長1.2kmの日本一短い一級河川です。
柿田川湧水は富士山の伏流水が1日100万トン(東洋一)も湧き出るそうで
水温は年間を通じて15℃、名水百選には当然選ばれています。
湧き出るまでには26~28年を要するそうです。

第一展望台と第二展望台は必見との事でした。
柿田川公園.gif

私は欲張って、第一展望台、第二展望台、貴船神社、湧水広場、八つ橋を巡りました。



 

続きを読む


2013-05-29 00:27  nice!(28)  コメント(14) 

2013.5.26 クレマチスの丘 その7(ヴァンジ庭園美術館 屋内展示) [美術鑑賞]

クレマチスの丘の中ごろにヴァンジの作品の展示棟があります。
P1090827.JPG
実は、この写真の展示棟の向こう側の庭にある屋外作品も既に前回ご紹介しています。

前回の記事の終りにあった
P1090865.JPG や

P1090866.JPG や  

P1090863.JPG などです。

展示棟ではヴァンジの作品の展示の他に、企画展として「「この星のうえで」を開催中で、
7名の現代作家たちの作品がありました。

階段に投影された色とりどりの円も作品です。
               2009年 志村信裕  jewel
P1090839.JPG

             

         

            2004年 森 万里子  トランスサークル
写真では分かり難いですが、列柱の一つ一つがLEDで淡いエメラルドグリーンやピンク、
ヴァイオレット、ホワイトの光を放っていました。
P1090838(1).jpg

               
               2009年 志村信裕  bucket garden 
P1090848.JPG

P1090849.JPG      

続きを読む


2013-05-26 00:00  nice!(25)  コメント(11) 

2013.5.23 クレマチスの丘 その6(ヴァンジ彫刻庭園美術館  野外作品) [美術鑑賞]

           (お詫び)
            5月9日の夜、パソコンが不調で突然操作出来なくなり
            下書きの途中でエラー表示が止まらなくなってしまいました。
            何度操作しても「エラー」、仕方なく強制終了させましたが
            5月10日の朝、見ると下書きがUPされていました。
            先にご訪問下さった皆様、nice!を押して下さった皆様には
                      ご迷惑をおかけしました。
            あらためてお詫び申し上げます。  
      

   ※ 前回の続きです。
      
ホワイトガーデンを先に記事にした為、ご紹介の順番がずれていますがご了承ください。
      今日はもう1度クレマチスの丘に入る所からに戻ります。

チケット売り場から続く長いモザイク壁画(下絵はヴァンジが製作)が途切れた角を曲がると
広大な丘があるのですが、その丘にも作品が展示されています。
P1090809(1).jpg


それら野外の作品を見ながら丘を下って行くと建物がありますがそこにも多くの作品があります。
つまり、野外も屋内も含めてヴァンジ庭園美術館なのでしょう。
屋外の作品はこんな風に置かれています。
P1090815.JPG
                     ↑↑
       1993年作 層になった木を眺める人物です(大理石でできています)。


 

             この作品は横から見ていて正面に回ると驚かされます。
                            ↓↓

P1090826.JPG

              正面はこうです。 想像できましたか?
ヴァンジ作品1(1).jpg

これらの作品の配置は、全て作者の指示によるものとのことでした。

この美術館で注目すべき点は、ジュリアーノ・ヴァンジの作品を展示する為に設計された
世界で唯一の個人美術館であるという事です。
2002年4月26日に開館しましたが、1960年から最近までの作品を収蔵しています。

野外の作品は、手で触れて観賞する事も出来ます。

ヴァンジについて詳しくお知りになりたい方はこちらをどうぞ。
http://www.vangi-museum.jp/vangi/profile.html

その他の作品もどうぞ


2013-05-23 00:13  nice!(29)  コメント(15) 

2013.5.20 左手で良かった [ある日の出来事]

        (お詫び)
          下書きの最中に何故か記事がUPされてしまい驚いて引っ込めました。
          この間に、コメントを下さった「はくちゃん様」「kuni様」、ご免なさい。          
          また他にご訪問下さった18名の方達へもお詫び申し上げます。   
     

        ※ ピアニシモのバスツアーの続きで柿田川湧水の記事の予定だったのですが
          10日前に起きたアクシデントの記事に変更します。
          怪我の話ですので、「怖い」と思われる方はスル―なさって下さい。
                    (5月20日 13時25分 記事の最後に今日の診察の結果を追記しました) 


今、私の左手はこんな状態です。
P1100099.JPG

普段から色々ドジなことを仕出かす私ですが、
10日前歯科医院での治療の帰りに夫の朝食に間に合うかも知れないと急ぐあまり
車道から自転車も通行可の歩道に乗り上げようとした時に
段差にハンドルを取られて転倒してしまいました[ふらふら]
(最近連れ合いの食事時間はますます遅くなり、お昼の12時ごろに朝食なのです)

立ち上がり左手に目をやったら・・・血が滴り落ちて親指の爪がはがれているではありませんか[がく~(落胆した顔)]
爪は左の角がかろうじてくっついています。
不思議な事に、こんな時には痛みは殆ど感じませんね。
突然に酷い怪我などした時には、脳内から麻酔薬に似た成分が出て来ると聞いたことがあります。
今回はそれに助けられたのでしょう。

ハンカチで爪を元の位置に戻して被い、時計を見ると午前11時50分。
土曜日なので後10分は特別扱いして貰わなくても診察してくれる筈です。
幸い知り合いの外科医院が割と近くにありますので自転車にゆっくりと乗って駆け込んだら
患者さんが多くいたにもかかわらず、緊急との事で先に診察をして貰えました。
結局、特別扱いして貰った事になります。

続きを読む


2013-05-20 00:01  nice!(34)  コメント(29) 

2013.5.17 クレマチスの丘 その5(ホワイトガーデン) [観光]

ここクレマチスの丘には日本ではここだけというホワイトクレマチスが主役のお庭があります。
クレマチス以外の花も白が基調になっています。
こんな具合に。
ホワイトガーデン.jpg

では、白い花々をどうぞご覧下さい


2013-05-17 00:41  nice!(31)  コメント(18) 

2013.5.14 クレマチスの丘 その4(クレマチス以外の花) [観光]

クレマチスの丘には、クレマチス以外にも色々な花が四季を通じて楽しめるように植えられています。
前回はクレマチスのみをUPしたので、今回はそれ以外の花をお目にかけましょう。
植えられていた場所はあちこちですが。
P1090813.JPG

P1090814.JPG

P1090882.JPG

P1090895.JPG

P1090896.JPG

続きを読む


2013-05-14 00:25  nice!(30)  コメント(18) 

2012.5.11 クレマチスの丘 その3(クレマチスガーデン) [観光]

           ※ 前回の続きです。 

クレマチスガーデンに行く前にガーデナーの方の説明が午後1時からあるというので
それを聞いてから見学する事にしました。

ここのクレマチスはNHK趣味の園芸の講師・金子明人氏の指導のもと植栽されているとの事。
クレマチスについての説明は以下の通りでした。
 クレマチスは蔓性のものが多いけれど、木立性のものもある。
 木立性のものは自分では巻きつく事が出来ないので、何らかの方法で支えてやる必要がある。
③ クレマチス=テッセン(鉄線)と考えている人もいるがそれは違う
 テッセンはクレマチスであるがクレマチスはテッセンばかりではない
そんな話を聞く事が出来、目からうろこでした[exclamation]

また、チューリップがまだ咲いているので楽しんで欲しい、
どこに咲いているかは言わないでおくが波打ったようなもの
があるので捜す様に、
ホワイトガーデンではオオテマリが見頃である、
クリスマスローズがまだ咲いている・・・そんなことも話されました。

チケット売り場の前に珍しいクレマチスが咲いていました。
プリンセス・ダイアナです。
P1090806.JPG

ではチケット売り場を通り
P1090800.JPG

この壁画の前を通ってクレマチスの丘に参りましょう
P1090902.JPG

P1090809.JPG

続きを読む


2013-05-11 00:28  nice!(32)  コメント(17) 

2013.5.8 クレマチスの丘 その2(日本料理テッセンの昼食) [観光]

                  (5月10日 追記)
            昨晩パソコンが不調で突然操作出来なくなり
            下書きの途中でエラー表示が止まらなくなってしまいました。
            何度おこなっても「エラー」、仕方なく強制終了させましたが
            今朝見ると下書きがUPされていました。
            ご訪問下さった皆様、nice!を押して下さった皆様にはご迷惑をおかけしました。
            お詫び申し上げます。
          

         ※  前回の続きです。

建物や植栽が洋風の中にあって、ある一角だけは和の雰囲気・・・そこがテッセンです。

P1090799.JPG

P1090798.JPG

1階が茶屋で軽食と甘味を、2階がレストランで本格的なお食事を頂くようになっています。
私達一行は2階へと向かいました。
P1090789(1)(1).jpg 

窓の外のテラス席もなかなか素敵です。
P1090796(1).jpg

「テッセンスタイルのおもてなし」と銘打って、地元の食材をふんだんに使い
食材の旨みを引き出して滋味深くモダン、フレッシュで型にはまらない創作料理を供するとのこと、
一体どんなお料理が出て来るのでしょう?

食事の様子をどうぞ


2013-05-08 09:47  nice!(31)  コメント(17) 

2013.5.5 クレマチスの丘へ その1(東京→静岡県長泉町) [観光]

GWの前半がスタートした日、静岡県の長泉町にあるクレマチスの丘に行って参りました。
前日に東京入りして翌日午前8時、すっかりお馴染になったこれで浜松町を出発。
そうです、はとバスに2台しかない特別仕様車ピアニシモの企画旅行に参加したのです。
前回のピアニシモの旅の記事はこちらからご覧になれます。
http://aoitori-net.blog.so-net.ne.jp/archive/20121227(これは最初の記事)

P1090944.JPG

良く晴れ渡った青空のもと、バスは渋滞もなく予定より早く海老名サービスエリアへ。
駐車場から富士山が見えました。
P1090766.JPG

こんなキャンペーンが行われていて
P1090768.JPG

こんなプレゼントを頂きました。
P1090769.JPG

ここまでは順調だったのですが・・・駐車場から出ようとしても前の車が少しも動かないので
こちらも全く動く事が出来ません[がく~(落胆した顔)]
やがて、事故が発生したためその処理で動けないということが分かりました。
動けるようになるのは事故処理次第という事です[ちっ(怒った顔)]。 いつになることやら・・・[ふらふら]

続きを読む


2013-05-05 00:25  nice!(37)  コメント(16) 

2013.5.2 6年ぶりの再会 その3(ホテル&玉藻公園) [絆・友情]

ランチの後は食後のお茶です。 こんな所を通ってホテルクレメントへ。
これは瀬戸内国際芸術祭2010の作品 「Liminal Air -core-」大巻伸嗣(おおまきしんじ)作です。
P1090745(1).jpg

ホテルのロビーでお茶を頂きながら会えずにいる間に起きた様々なことを話していると
ガラスの向こうに1羽のカラスが・・・・羽をバタバタ動かして水浴びをしています。

これが本当のカラスの行水 [目] [exclamation×2]  
慌ててカメラを向けましたがガラス越しで、距離もあるのではっきりとは写せませんでした。
P1090746(1)(1).jpg

P1090747(2).jpg

滅多に見られないものを見、2時間近く話し込んだのですが、
YKさんが「うどんを食べさせずに帰すにわけにはいかない」と言うので早目の夕食にうどんを頂く事に。

香川ではいわゆるうどんの有名店は午後2時頃には店じまいしてしまうとか。
ショッピングセンターなどに出店しているところなら営業しているからとゆめタウン高松に向かう事に。
駐車場へ行く途中、玉藻公園を通り抜けました。

玉藻公園をご覧下さい


2013-05-02 00:02  nice!(35)  コメント(13) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。