So-net無料ブログ作成

2013.11.30 東京での勉強会 アメリカ南西部国立公園巡り(その4) [旅]

      (11月30日 午後10時43分 訂正)
         所用で東京に来ています。
         現在ホテルにいますが、友人から記事の補足説明の追加要請と
         写真使用の場所のミスの指摘がありましたので補足と訂正をいたしました。
         読者の皆様にお詫び申し上げます。

       ※ (お断り)
        以下の文は東京での勉強会で友人の発表した内容と
        私が自分の勉強のために調べたことの両方をmixして書いています。
        私の旅行記ではないことをお断りしておきます。

6日目です。
メサ・ヴェルデ国立公園を見物。
Mesa Verdeとは、緑の岩台地という意味です。
アメリカの国立公園で唯一自然のものではない
世界文化遺産に指定された国立公園です。
P1110734(1).jpg
左の写真は彫刻作品です。
アナサジ人紀元後550年~1300年頃までこの地で生活していた先住民です。
なぜ「崖を上り下りする」姿なのでしょうね?
理由は以下の通りです。

アナサジ族は、海抜2000m以上のメサ(岩の扁平な台地)で狩りをしたり
トウモロコシを栽培したりして暮らしていましたが
住まいは敵から攻撃を受けにくいメサのすぐ下の岩の窪みを利用していたのです。
そして、家と台地の行き来はフリークライミングで行っていたというのです。


その住居がクリフ・パレス(岩窟住居)。
園内には100以上の住居跡が見られます。
P1110735(2)(1).jpg
クリフ・パレスは217部屋、4階建て相当の高さを持つ最大の住居跡です。
祭祀を行った場所も23見られるとか。


日干し煉瓦がしっかりと積み上げられていますね。
P1110736(1)(1)(1).jpg

このアナサジ族は農耕技術も優れていてブルーコーンの改良も行っていたとか。
しかしながら1300年代後半のある日、40万人もの人々がいきなり姿を消してしまった[がく~(落胆した顔)]

遺跡には遺骸がないので、争いがあったとは考えにくいとのこと。
しかし、建物が焼き払われているので、何の為に生活跡を隠してこの地を捨てたのかは謎で
諸説があるようです。
干ばつが25年間や50年間ずっと続いたことが分かっているのでこれが最有力候補かも。
他にも人口の増加によるとか、殺し合うほどではない部族間の争いとか精霊的なものとか。
真相はどれなのでしょうね?

クリフ・パレス以外の住居跡です。
P1110737(1).jpg

7日目に参ります


2013-11-30 00:00  nice!(39)  コメント(12) 

2013.11.27 東京での勉強会 アメリカ南西部国立公園巡り(その3) [旅]

       ※ (お断り)
        以下の文は東京での勉強会で友人の発表した内容と
        私が自分の勉強のために調べたことの両方をmixして書いています。
        私の旅行記ではないことをお断りしておきます。

アメリカ南西部国立公園巡りの4日目のお話です。

ホテルからこんな素晴らしいモニュメントバレーの日の出を眺めて、さぁ出発!
出発してすぐのValley of the Gods(神々の谷)という公園です。
P1110726(1).jpg
モニュメントバレーの続きのように感じる公園ですね。
他州でなら国立公園にでもなれそうな景観ですが、
奇観がありすぎるユタ州のこと、残念ながら州立公園にもなれないのだとか。
ジェットコースターの様なアップダウンのダートロードのドライブだったそうです。

 

アーチズ国立公園です。
この公園は2000を超える自然にできたアーチを保護しているそうです。
P1110728(1).jpg
右のランドスケープ・アーチは100mを超える長いアーチで公園内で最大。


赤い砂岩台地が風化で削り取られたり、えぐり取られたりしてアーチを作っています。
どうしてこのようなアーチが出来たのか、興味がおありの方はこちらをご覧ください。
http://utah.ptfs.com/Data/Library2/publications/dc008651.
pdf#search='%E3%83%A2%E3%82%A2%E3%83%96%
E6%96%AD%E5%B1%A4'

車を降りてしばらく歩かないと見ることが出来ないアーチが多かったそうです。

バランス・ロックバベルの塔と呼ばれる奇岩。
P1110729(1).jpg
左の写真のバランス・ロックは、スクールバス3台分もの大きさなそうです。
よくもまぁ、こんな形で上手くバランスを保っているものですね。


P1110730(1).jpg

5日目に参ります


2013-11-27 00:44  nice!(36)  コメント(13) 

2013.11.24 東京での勉強会 アメリカ南西部国立公園巡り(その2) [旅]

        ※ (お断り)
        以下の文は東京での勉強会で友人の発表した内容と
        私が自分の勉強のために調べたことの両方をmixして書いています。
        私の旅行記ではないことをお断りしておきます。

 

アメリカ南西部国立公園巡りの3日目です。
海抜1200m~2000mの高地を200キロ西に、更に200キロ北に移動し、
モニュメントバレー・ナバホ・トライバル・パーク(アリゾナ州)を目指します。
P1110715(1).jpg

モニュメントバレー・ナバホ・トライバル・パークはナバホ国の中にある公園です。
「えっ、アメリカ合衆国内ではないの?」とお思いになりませんか?
米国政府からは一応独立した形になっているのです。
従って公園も米国政府の国立公園管理下には置かれず、
ナバホの人々が管理・運営しています。
公園内は一般の観光客が許可なしで入ることが出来る観光用道路と
ナバホ人が運営するツアーでのみ見学できる地域があるので、
ナバホのガイドさんのツアーを利用するのが賢明です。
車に乗ってのツアーだったそうですが、悪路のため揺れがひどく
腰の悪い人はとても耐えられないであろう・・・とのことでした。

ツアーの様子をどうぞ


2013-11-24 00:16  nice!(31)  コメント(14) 

2013.11.21 東京での勉強会 アメリカ南西部国立公園巡り(その1) [旅]

11月12日、高校の同期生が集まる勉強会に参加しました。
私にとっては今年になって2度目の勉強会、
今回の講師は私と仲良しの女性です。
5月にご主人と一緒にレンタカーでアメリカ南西部の国立公園を巡る旅をしたのですが、
その時の様子を沢山の写真と共に発表してくれました。

午後6時開始ですが、開場の午後5時半には既に発表の準備が整っていました。
開始時刻までに各自持参の弁当で夕食を済ませます。
あれ?机の上にめずらしいものが・・・

すぐに売り切れになるという人気商品の倍返し饅頭
TBSストアで買い求めたらしいです。
その右側に控えめにちらりと見えるのは、私が持参した愛媛のお土産「ゆずっこ」
どちらも、食後の口直しにどうぞ・・・ということでの差し入れです。

P1110703(1).jpg


遅れているメンバーを少しだけ待って、いよいよ勉強会が始まりました。

      ※ (お断り)
       以下の文は東京での勉強会での友人の発表と
       私が自分の勉強のために調べたことの両方がmixして書かれてあります。
       私の旅行記ではないことをお断りしておきます。


この青い線で囲まれたところを巡ったのです。
2200キロを6泊7日で踏破したとのことです。 体力・気力がなくては出来ませんね!
あ、日付が合わないと思われるでしょうが、1日目は出発地へ到着して1泊。
後半の5日間はサンタフェの街をゆっくり楽しんだからなのです。
P1110705(1).jpg

夕食時にアルコール飲料を注文したら、身分証明書の提示を求められたとか[がく~(落胆した顔)]
白髪頭の老人になっても扱いは同じなのだそうです[exclamation]

では出発いたしましょう


2013-11-21 23:59  nice!(34)  コメント(12) 

2013.11.18 大相撲巡業松山場所(その3)

           ※ 前回の続きです。

中入後の取り組みの羅列でこの記事は終わります。
超手抜き記事ですがお許しのほど。

若の里と玉飛鳥の取り組みは玉飛鳥の勝ちでした。
若の里を応援しましたが、年齢には勝てないのかも知れません。 残念でした。
P1110474(1).jpg

 
遠藤と常幸龍の取り組みは遠藤の勝ち。
髪の毛が伸びるのが間に合わず、まだ大銀杏姿になれない遠藤・・・この先楽しみですね。
P1110484(1).jpg

P1110490(1).jpg

 

続きを読む


2013-11-18 07:14  nice!(34)  コメント(16) 

2013.11.15 大相撲巡業松山場所(その2)

    ※ 前回の続きです。

十両の土俵入りが始まりました。 東の十両力士達です。
普段テレビの相撲番組では見ることは出来ませんね。
P1110410(1).jpg

西の十両力士達の入場です。 隆の山の姿も見えます。
P1110411(1).jpg

P1110413.JPG


続いて土俵に上がったのはこの方です。
櫓太鼓の打分を見せてくれました。
「寄せ太鼓」、「一番太鼓」、「はね太鼓」などがあるそうです。
「一番太鼓」は天下泰平・五穀豊穣を祈るもので、清めの太鼓とも言われ
昔は真夜中の午前2時や3時に打たれていたとか。
P1110415(1).jpg


もうじき十両の取り組みが始まります。
審判を務められるのでしょう。
元大関・出島、現在は大鳴門親方がすぐ近くに待機していました。
P1110418(1).jpg

十両の取り組みです。
丹蔵と隆の山の取り組み・・・隆の山が勝ちました。
P1110423.JPG


エジプト出身の大砂嵐と旭秀鵬の取り組みは大砂嵐が勝ちました。
黒のまわしをつけているのが大砂嵐です。
遠藤と並んで、最短出世の力士らしいですね。
九州場所では幕内に昇進しています。
P1110426(1)(1).jpg

続きを読む


2013-11-15 00:36  nice!(33)  コメント(11) 

2013.11.12 大相撲巡業松山場所(その1)

私のブログは殆どリアルタイムの記事がありません。
先頃文化の日に校区の文化祭の記事を更新したのが、最近では唯一のリアルタイム記事。

更新すればするほど、過去記事になってしまいます。
更新したくても出来ないままのものが山ほどあるものですから。
こんな訳ですから、日記とお考えにならずにお付き合いをお願いいたします。

一昨日11月10日から大相撲11月場所が福岡で行われていますが、
私は10月27日に相撲見物に出かけて参りました。
久々に大相撲の巡業が松山にやってきたのです。
会場になった愛媛県武道館会館10周年と
愛媛県体育協会創立90周年記念行事として開催したいと相撲協会に頼んだ結果
認めて貰ったとのことでした。
P1110551(1).jpg

開場は午前8時からで、公開稽古や握手会などがあるようでしたが
午前11時の人気力士とちびっこの公開稽古が始まる午前11時に着くように出かけました。
会場の愛媛県武道館です。
P1110324(1).jpg
 

露店で買い出しをしている力士さんの姿がありました。
どうやらたこ焼きがお好きなようですね[わーい(嬉しい顔)]
P1110326.JPG

さて、この愛媛県武道館は元は市の中心部の堀之内にあったのですが、
松山中央公園に移転が決まり、2003年10月に開館しました。
愛媛県産の木材、菊間瓦、大島石、砥部焼などを利用して建設されています。
県の施設なのに、松山市の土地に建っているという不思議な関係です。
当時これを決断した松山市長は現在愛媛県知事です。
P1110327(1).jpg


すぐ近くには坊っちゃんスタジアムやマドンナスタジアムもあります。
下の写真の奥に見えるのが坊っちゃんスタジアム。
11月1日~11月21日までヤクルトが秋季キャンプを行っています。
P1110328(1).jpg


こちらがマドンナスタジアム。 なんだか随分地味なマドンナですね。
P1110329(1).jpg

武道館の中に入りましょう


2013-11-12 00:15  nice!(31)  コメント(12) 

2013.11.9 金丸座での坂東玉三郎特別公演(その2)アマテラス幻想 [幸せな暮らし]

        ※ 11月6日、右耳の手術後1年経過したので検診に行って参りました。
           月に1度は開業医さんのところでチェックしてもらっていましたが、
           大学病院は半年ぶりでした。
           結果は異状なしとのことでしたのでご報告いたします。

玉三郎特別公演の続きです。
地唄舞の後30分間の休憩があり、 第二部は鼓童の太鼓演奏から始まりました。
昨年もそうでしたが、ある時は力強く、またある時は消え入りそうな太鼓の演奏に
引き込まれてしまいます。
15分間も休むことなく力の限り太鼓を打ち続けたら、かなり体力を消耗するでしょうね。
尤も、鼓童のあるメンバーが言うには1日8時間打ちっぱなしだったこともありますとか。
P1110694(1).jpg

休憩時間が終わる頃、幕の前に大きな太鼓が引き出されました。
真っ赤なライトに照らされると、まるで太陽が輝いているように感じます。
鼓童の一人のメンバーがこの一番太鼓を暫く打ち続けていましたが、
その太鼓の音がすーっと小さくなっていくと幕が開き、
アマテラスに扮した玉三郎の姿が浮かび上がりました。
観客から歓声が上がります。
昨年は真っ白の衣装でしたが、今回は太陽の輝きを表すような色でした。
P1110691(1).jpg

続きを読む


2013-11-09 00:00  nice!(40)  コメント(16) 

2013.11.6 金丸座での坂東玉三郎特別公演(その1)地唄舞 [幸せな暮らし]

         ※ 昨年は入院前日の11月1日に観た玉三郎特別公演、
            今年も行われるので10月31日に出かけて参りました。
            昨年の特別講演の記事はこちらですので、
            比べてみるのもいいかと思います。

                        http://aoitori-net.blog.so-net.ne.jp/2012-12-14

昨年も今年も共に初日に鑑賞することになった玉三郎の金丸座での特別公演、
今回はどんな舞を目にすることが出来るのでしょう?
期待を抱きながら午前10時バスで松山を出発しました。

初めに立ち寄った石鎚山ハイウェイオアシスです。
P1110552(1).jpg

写真ではあまりはっきりしませんが、桜の葉が少し赤味を帯びてきていました。
P1110555(1)(1).jpg

ここを過ぎてから初めて金丸座の入場券が配られます。
毎度のことですが、一番いいA席でも座席の指定は全く出来ないので運次第なのです。
(金丸座のA席は大阪松竹座の1等席よりも1,000円高いのですが)
ドキドキしながら封筒を開けると・・・何と舞台下・正面のマス席ではありませんか!
しかもかなり前、。前過ぎもせず申し分なしの場所、今までで1~2番にいい座席です[わーい(嬉しい顔)]
マス席は前に2人、後ろに3人座るようになっていますが、
後ろに当たったら身動きひとつ出来ぬ窮屈さです。
こうなったら早く並んで前側に座るようにしなくては。

バスは2時間程で琴平に到着、いつもお馴染みのお店で昼食です。
各旅行会社はそれぞれ専属のようなお店を確保しているのでしょう。
この後は各自自由行動になっているので大急ぎで食事を済ませました。
P1110556(1).jpg


ツアーでご一緒の皆さんが席を立つ人が少ないうちにお店を出て金丸座へ向かいます。
春の金毘羅大芝居の時には人の行列が続くこの道ですが、まだ閑散としていました。
P1110559.JPG

金丸座の前に着くと10人に満たない人が入り口前に置かれた縁台に腰かけているだけ。
開場まで1時間以上もあるので、私も縁台に座りプログラムを見て演目の予習を。
開場の2時頃には建物前の広場は観客で埋め尽くされ、こんな形での入場です。
P1110693(1).jpg

続きを読む


2013-11-06 00:00  nice!(38)  コメント(15) 

2013.11.3 校区の文化祭 [季節の行事]

        ※ 今日は文化の日、毎年校区の文化祭が行われる日です。
            昨年は前日の11月2日にに入院し、その日のうちに外泊で帰宅して
            翌日3日に文化祭を見に出掛けて町内からの参加者の作品を見たり
            カラオケの出演者の応援をしたりしたものでした。
            その時の「不良患者の入院日記」の記事はこちらです。

              http://aoitori-net.blog.so-net.ne.jp/2012-11-05

          
             
http://aoitori-net.blog.so-net.ne.jp/2012-12-12

例年文化の日は晴れる事が多いのですが、今年は朝方少し降った様で天気が心配。
「何とか降らないで・・・」と祈りながら午前10時半には会場に出かけました。
あれ?今年は入口に看板がない[バッド(下向き矢印)]・・・でも出ている店は昨年と同じみたいでした。
P1110560.JPG

P1110561.JPG


餅つきのコーナーには子供たちが集まって来て、餅が出来上がるのを待っています。
P1110636.JPG


今年は30周年記念とのことでスタンプラリーも行われていて、
全会場を回れば先着300名に記念品が出るとか。
どっと押し寄せた小学生たち、1つ目のスタンプをゲットし
「2階と3階にも行くように」と言われたら「え~~っ」と嫌そうなそぶり [がく~(落胆した顔)]
私は他の人に行きわたるようにと用紙の受け取りを辞退しました。

どんな作品があったのでしょう?


2013-11-03 23:59  nice!(30)  コメント(16) 

2013.11.1 今年の秋祭り [季節の行事]

1ヵ月ほど前のことになります。
町内会の行事として一番大変な秋祭りが今年も10月6日~7日に行われました。
10月7日は松山市内の小・中学校はお休み、個人経営の商店も休みのところが多いです。
個人で開業している医療機関も「本日休診」が圧倒的に多いのです。
初めて松山の秋祭りを経験したときにはこれらのことに大変驚いた私でした。
我が町内に限らず、どこも毎年お神輿の巡行をどうしようか?ということが大問題になります。

子供の数が少ないので、どうしても大人がお神輿を担がなくてはいけないのですが、
参加できる大人は70歳を過ぎた高齢者がほとんど。
ある人は腰痛、ある人は手術して間がない、またある人はペースメーカーを装着している、
ある人は足を怪我している・・・こんな状態なのです。
こんな人達でもお神輿を担げると町内会の役員さんたちは考えているらしいのですが、
責任者の立場からすると、とても「お神輿を担いでください」などと頼める訳がありません。

昨年は幸運なことに10月7日が日曜日だった為、働き盛りの男性もお休みで
お御輿を担ぐことに協力してくれたので事なきを得たのでした。
どうやらその記憶だけが残っていて、日曜日であったことを忘れているようなのです。
今年は7日は月曜日、仕事を休めない人が多いはずなのですが・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

ある町内会では先を見越して80,000円でお神輿に台車を取り付け
担がなくてもいいようにしたとか。
一方我が町内ではいくら協議しても「何とかなる」「きっと大丈夫」・・・と呑気な意見ばかり。
焦っているのは町内会長夫妻だけ(連れ合いと私)という悲惨な状況でした。

考えた末、運行当日担ぎ手が何人集まるかを見た上で、既定の人数に達しなければ
2台あるお神輿のうち古いけれど小さくて軽い方だけを巡行しようと苦渋の選択をしました。
ところが探りを入れてきたある役員さん、「お神輿を2台巡行しないのなら子供達を
参加させません」と言うのです[ふらふら]。 
勝手なものです。 まさに〇〇の心△△知らずですね[exclamation]
参加予定者の事前調査でも、6日のみの参加が多く、7日は空欄が多いのに・・・。

さて6日、この日は「宵祭り」と言って夜1回町内を巡行するだけでいいのですが、
日曜日だったことが幸いし、午後7時からの巡行は非常にスムーズにいきました。
子供達も提灯を片手に元気な声で「わっしょい! わっしょい!」。
巡行後子供達はジュースとお菓子で、大人たちはビールかお茶で「お疲れ様でした」。
駄目もとで解散する時に「もしも可能ならなるべく明日もご協力を・・・」
「子供たちのためにもどうぞ宜しく」と頭を下げました。

さて、7日はどうなったのでしょう?


2013-11-01 01:18  nice!(36)  コメント(16) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。