So-net無料ブログ作成

2013.12.30 白堊芸術祭参加の前後(写真展・ランチ・忘年会) [幸せな暮らし]


          ※ 今年最後の記事になるであろうと思います。

 

前記事で白堊芸術祭の模様をお伝えしましたが、
その日午前11時半ごろ東京駅に着いた私は
最初に東京ステーションギャラリーに向かいました。
これを鑑賞するためです。
P1110985(1).jpg

植田正治写真美術館は鳥取にありますが、手軽に出かけられる場所ではないので
この機会を逃したくなかったのです。
この展覧会はこんな視点で企画されているので、益々興味をそそられるのでした。
P1110983(1).jpg

会場に展示されていた資料や植田正治の言葉によって
どのように作品を作っていったのかがよく分かりとても勉強になりました。
会場内は勿論撮影禁止ですので、買い求めた葉書の写真をご覧ください。

                      1948年 子狐登場
P1110991(1).jpg
私が1歳の時に既にこんな作品を生み出していたのです。


            1948年頃  風船を持った自画像
P1110987(1).jpg
植田は自分を被写体としてかなりの作品を残しています。


             1949年 パパとママとコドモたち
P1110988(1).jpg
この作品は制作過程が示されていました。
一人あるいは二人ずつ撮った写真を大きさと位置配列の仕方などをいろいろ考えて
この作品が出来上がったようでした。


             1950年 ボクのわたしのお母さん
P1110990(1).jpg
お母さんの取り合い・・・何とも微笑ましい光景ですね。


           シリーズ「童暦」より 1955ー1970年
P1110989(1).jpg

これらよりずっと時代が下って
              

               1983年 「砂丘モード」より
P1110986(1).jpg

1時間半ほどゆっくりと鑑賞しましたが、芸術祭会場集合時刻にはまだ2時間あります。
軽いランチを頂くことにしました。
どこにしようか?と考えましたが、来年3月末で閉館する八重洲富士屋ホテルがいいかと。
このホテルは利便性がいいのに料金はリーズナブルなので
息子がお気に入りのホテルで上京する時はよく使います。
土・日は何度も利用していますが、平日のランチは初めてでした。







            

続きを読む


2013-12-30 00:00  nice!(34)  コメント(18) 

2013.12.27 白堊芸術祭 [美術鑑賞]

12月18日、東京は雪かも知れないとの予報の中を上京しました。
松山を出発する時は雨。
いつもは晴れ女の私ですので、大変珍しいことです。
東京へ着いたら曇りでした。 何とか晴れ女の面目を保てたようです[手(チョキ)]
上京の目的はこれです。
P1110981(1).jpg
高校の同窓生が自分達の作品を年に1度発表し合う場を設けて
今回で第6回となるのです。
「白堊」とあるのは、高校の校舎が「白堊城」などと呼ばれていたからです。
何故かと言うと、母校の校舎が創立以来4代続けていずれも真っ白だったためで、
同窓会名も白堊同窓会となっています。

これまでは銀座の狭い画廊が会場だったのですが、
今回は広いギャラリーを確保でき、出品数も多いとのことでした。
私達昭和41年卒業組は「白堊芸術祭応援」と銘打って午後3時頃会場に集合し、
作品を鑑賞したあとで忘年会をしようと幹事さんが企画してくれたのです。

会場入り口では懐かしい校旗のミニ版が出迎えてくれました。
旧制中学のものと新制高校になってからのものの2つが一緒に飾られていました。
P1110978.JPG


会場内の様子です。 
出品者は50名以上、100点余りの作品が展示されていました。
出品者の年齢は80歳を超えた方から40代の半ばの方まで幅広かったです。
P1110962.JPG


五行歌に写真を付け加えた作品のコーナーもありました。
五行詩で名を知られているY氏は、1年後輩なのです。
P1110951(1).jpg


絵画の出品が多かったです。P1110963.JPG

P1110952(1).jpg

続きを読む


2013-12-27 00:00  nice!(32)  コメント(12) 

2013.12.24 メリークリスマス

12月16日の午後4時過ぎ、ベランダからこんな珍しいものが見えました。
こんな光景を見るのは私は初めてでした。
雲が多かった為、はっきりしませんがもしかして幻日?
ご近所の屋根の向かって左が本物の太陽です。
向かって右側にも太陽に似た光の塊が見えました。
幻日?(1).jpg

やがて右側の光が虹のように・・・でも、写真ではあまりはっきりとは見えませんが
弧の内側が赤っぽく、外側が青っぽいので、虹とは逆です。
日暈ではないでしょうか?
どなたか、こんな現象にお詳しい方、間違いがありましたらお教え下さい。
日暈2(1).jpg
 

 

日暈3(1).jpg
思い起こしてみると、12月はいろいろ珍しいものを見たり聞いたりできた私です。
こう考えると、辛いこともありましたが、総じていいことが多かった年だったと
申せましょう。


さて、今日はクリスマスイブ、皆様はどんなクリスマスをお過ごしになるのでしょうか?
何かと忙しいので、手抜き記事で松山のイルミネーションをご紹介して
クリスマスのご挨拶といたします。

続きを読む


2013-12-24 00:07  nice!(39)  コメント(19) 

2013.12.21 松山義士祭 [ミニ知識]

1週間前の12月14日は赤穂義士の討ち入りにちなんだ義士祭りが
あちこちの義士にゆかりの地で行われていたようですね。
赤穂義士祭、泉岳寺義士祭、両国義士祭、山科義士祭などが知られていますが
何と四国・松山でも義士祭がおこなわれているのです

一体どうして?と思われることでしょう。
実は、伊予松山藩は大石主税や堀部安兵衛ほか10名の赤穂義士を預かり
切腹までを見届けている
のです。
預かっている期間、幕府に気を遣いながらも丁重にもてなし
食事は一汁二采で義士を預かっている藩のうちで一番良かったとか。
この丁重な扱いに対して、のちに赤穂藩から感謝の気持ちのハゼの木が贈られていて
この木は今でも道後湯築城外堀土塁に植えられ生き続けています。
これがその木です。
赤穂藩から贈られたハゼの木(1).jpg


さて、松山義士祭ですが、市の中心部に近い末広町商店街の道路に接した
興聖寺(こうしょうじ)で行われます。
P1110932(1).jpg


このお寺はご覧の通り赤穂義士ゆかりのお寺としても知られていますが、
P1110925.JPG

松山城主であった蒲生忠知の供養塔があることでも知られています。
P1110924.JPG


これが忠知公の供養塔です。
P1110930.JPG

折角ですので、説明を載せておきます。
P1110931(1).jpg

続きを読む


2013-12-21 08:56  nice!(44)  コメント(19) 

2013.12.18 もぎたて弁当 [ミニ知識]

暖かい所と思われているはずの四国ですが、遠くの山はこんな眺めです。
ベランダから見える山が余りに美しかったので、
石手川の土手まで行って12月12日に撮影しました。
P1110905(1).jpg
 

今日は高校の同窓生の文化祭を見に上京します。
同期生3人が、油絵、鎌倉彫、五行詩を出品しています。
私は初めて鑑賞者として参加します。
朝9時40分の飛行機に乗りますので、超手抜き記事でお茶を濁します。 お許しを。
(遊び歩いてばかりのように見えますが、こんなことが出来るのも今月限り、
 来年1月4日からは9時~16時半まで連日授業に追われる日々となります。)

さて、タイトルの「もぎたて弁当」って何でしょう?
期間限定で、あるコンビニでしか手に入らないのですが・・・・これです。
P1110897(1).jpg

地元の民放局が創立60周年、その局の人気番組「もぎたてテレビ」担当アナ二人が
「あ~でもない、こ~でもない」と考え、試行錯誤を重ね、
何度も味見を繰り返して特別に作ってもらったメニューなのです。
顔写真の方がプロデュースしました。

P1110900(1).jpg

今回はギューギュー弁当との名前で、
バターライスの上にビーフのカットステーキを乗せたものと
ビーフカツを乗せたもの。
バターライスの上にはキャベツと玉ねぎのソテーが乗せてあり、
ブロッコリーが添えられていました。
味はまぁまぁ、550円なのだからこんなものでしょう。

もう一つは「60周年おめでとう」ということで、紅白のドーナツ。
名前は、アナウンサーの名前をとって「まなリング
P1110899(1).jpg
地元の牛乳・らくれん牛乳「夕しぼり」入りのイチゴ味のケーキ生地に
クルミとチョコチップを入れ、デニッシュ生地でリング状に包んだそうです。
イチゴ味なだけではなく、生地の色もピンク・・・これが「赤」のつもりでしょうね。
表面を砂糖で覆ったものが「白」のつもりでしょう。

どちらも1度食べれば「もういい」というレベル。
リピートは、残念ながら無しなのではないでしょうか。

    ※ 皆様のところへは19日の帰宅後にお伺いいたします。

続きを読む


2013-12-18 00:00  nice!(37)  コメント(16) 

2013.12.15 GLENN MILLER ORCHESTRA Japan Tour 2013 [コンサート]

平年より23日も早く、11月中に初雪を観測した松山でしたのに、
12月3日に、何と高砂百合が咲きました。

連れ合いの実家の庭にどこからか種が飛んできて、
ひょろひょろと茎を伸ばしたのは知っていましたが、
蕾らしきものが出来ても「この寒さではとうてい開花は無理」と思っていたのです。

予想に反して、頑張り屋さんの高砂百合はこのように咲きました。
これは記録しておくに値すると思いますので
今日のブログタイトルとは異なりますが画像をUPいたします。
P1110881.JPG


さて、ここからが本題です。
12月5日、グレンミラー・オーケストラのコンサートに出かけて参りました。
P1110902(1).jpg

グレン・ミラーと言えば、高校時代に映画「グレン・ミラー物語」を観た事を記憶しています。
グレン・ミラーが苦労しながらも成功していく様子がよく分かるストーリーでしたが
彼の音楽的才能を認め励ます妻、ミラー夫妻のお互いを思いやる姿にも感動したものです。

今回のJapan Tourは東京で3回、大阪と北海道でそれぞれ2回、
その他の都市で9回、合計16回の公演です。
中・四国では愛媛だけが開催地、これはどうあっても出かけなくては・・・と
チケットを入手したのでした。

コンサートの様子をどうぞ


2013-12-15 00:03  nice!(47)  コメント(20) 

2013.12.12 東京で秋を楽しむ(その2)小石川後楽園&神宮外苑銀杏並木 [観光]

      ※ 前回の続きです。

六義園と並び、東京都内で二大大名庭園と言われる小石川後楽園にも足をのばしました。
P1110845(1).jpg

水戸徳川家の中屋敷(のちに上屋敷となる)のお庭です。
水戸徳川家の初代・頼房が造り、二代・光圀の時に完成。

中国の教え、「(士はまさに)天下の憂いに先だって憂い、
天下の楽しみに後れて楽しむ」から「後楽園」と名づけられたのですね。

入り口付近の様子です。
P1110816.JPG

庭園散策を楽しみましょう


2013-12-12 00:40  nice!(37)  コメント(19) 

2013.12.9 東京で秋を楽しむ(その1)六義園 [観光]

11月30日、所用で上京しました。
新幹線から見えた素晴らしい富士山の眺めに感動 [目] [exclamation]富士山と大井川.jpg


東京で1泊し、折角の機会なので翌日東京の秋を楽しむことに。
最初に訪れたのはこちらです。 今回で3度目の訪問です。
P1110765.JPG
随分前のことですが、1度目は枝垂桜を見に、2度目は紅葉を見に。
2度目に訪れた時は紅葉は殆ど終わりかけていて少し残念だったのです。
今回は多分大丈夫かと・・・。

P1110767.JPG

では園内を散策いたしましょう


2013-12-09 00:19  nice!(38)  コメント(15) 

2013.12.6 東京都立長沼公園 [ミニ知識]

東京での勉強会の晩は友人宅に宿泊したのですが
天気予報通り、翌朝の気温は2~3度とかなり冷え込みました。

朝食後、友人が「あまりにいいお天気だから・・・」と近くの長沼公園に案内してくれました。
長沼公園は1980年に開園、多摩丘陵に位置し、高低差100mの山を主体にした
都立の自然公園です。

下の画像は内板の一部ですが、これを見ても峰と沢に囲まれた山であることが
お分かりになるだろうと思います。
P1110753(2).jpg


入り口付近のススキが輝いていました。
P1110750.JPG


クヌギやコナラなどの広葉樹の雑木林というだけあって
遊歩道にもどんぐりが落ちています。
P1110751(1).jpg

続きを読む


2013-12-06 00:06  nice!(40)  コメント(19) 

2013.12.3 東京での勉強会 アメリカ南西部国立公園巡り(その5) [旅]

            ※ (お断り)
        以下の文は東京での勉強会で友人の発表した内容と
        私が自分の勉強のために調べたことの両方をmixして書いています。
        私の旅行記ではないことをお断りしておきます。

 

随分長く引っ張った今回のシリーズも今日の記事で終わりです。

アメリカ南西部国立公園巡りを終え7日目の夕方にサンタフェに到着。
サンタフェはニューメキシコ州の州都で、1607年に創設された古都です。
「アメリカの宝石」と呼ばれ、歴史的な街並みや建築物を残し
独特な食文化を持つ観光都市として栄えています。
サンタフェとはスペイン語で「聖なる信仰」という意味。


オールドタウンは2000年頃に街並みの外観を全部インディアンの土壁風(アドビスタイル)
に統一したそうです。
P1110743(1).jpg

続きを読む


2013-12-03 07:53  nice!(35)  コメント(14) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。